So-net無料ブログ作成

宝塚歌劇団OG「STK30」が自虐ネタで人気炸裂!未央一:あづみれいか:春風ひとみ [女性グループ]

AKB48をもじった「STK30」が有馬温泉やホテルのディナーショーなどで大人気。
ステージに立つのは、未央一(58)、あづみれいか(58)、春風ひとみ(54)さん。
「STK30」の意味や、目的を調べました。

WS000328.JPG

「STK30」とは2012年に結成された
宝塚歌劇団出身の3人組によるユニットです。

『昭和(S)宝塚(T)歌劇(K)(昭和)30年代生まれ』
の頭文字を取っています。

メンバーは 未央一(星組60期生)、
あづみれいか(星組63期生)、
春風ひとみ(月組65期生)。

宝塚歌劇100周年の記念を契機に結成されたそうです。

昭和30年代、高度成長期のパワーと明るさで日本を元気にしたいと
抱負を語っていらっしゃいます。


<スポンサーリンク>ーーーーーーーーーーーー








さて、そのステージは、
有馬温泉やホテルのディナーショーなどが主な会場で、

「むかし妖精、いま妖怪!」
「加齢に負けず、華麗に」
など自虐ネタで観客を沸かせたり、

ホロリと涙がでるような場面もある、
スッキリと楽しく過ごせる、極上の
エンターテイメントになっています。

WS000329.JPG

キャンセル待ちも各所の公演で出ているほどの人気ぶりです。


WS000330.JPG

・未央一
「私は退団して3~4年目で子どもが3人いる家に嫁ぎましたが、
3年ほどで離婚。母が心臓病になったり、介護も経験しましたね」


WS000326.JPG

・あづみれいか
「私は10年前に結婚したけど、じつは旦那とは2年ほど不倫をしていまして。
あちらが結婚していることを知って別れていたんですけど、再会したとき、もう離婚していて」


WS000324.JPG

・春風ひとみ
「私は母をがんで亡くして。最後は病室に泊まりこんで見送りました。
そんなときに未央さんからSTKのお話をもらって。
亡くなった母がいちばん元気になるのが宝塚でしたから、
このチャンスにもう1度恩返ししたいと思って」



このように
宝塚歌劇団で活躍されていた方が、様々な経験を経て

還暦前に新たな舞台に挑んでいる姿を見せていただいて
とても生きる希望がわいてきます。

今後、ますますご活躍して頂いて、
関西のみならず、全国の人々に
「元気」を振りまいていただきたいです。

  ーーー <スポンサーリンク> ーーー








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

豪ドルでの取引のポイント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。