So-net無料ブログ作成

【衝撃!】受刑者2人が電動ドリルで脱獄!ニューヨーク州・刑務所 [衝撃!]

6日、米ニューヨーク州内で最も警備が厳重なダンネモーラ刑務所
受刑者2人が壁などに穴を開けて脱獄しました。
まるで映画のような脱獄劇に、アメリカだけでなく世界中に衝撃が
走っています。

WS000046.JPG

脱獄したのは、殺人の罪などで服役していた受刑者で、
48歳と34歳の男2人です。

WS000051.JPG

2人は隣り合わせの部屋に収容されていました。
2人は電動ドリルなどを使っての脱出劇でした。


ーーー <スポンサーリンク> ーーー






場所は米ニューヨーク州北部のダンネモーラ刑務所。

WS000045.JPG


部屋の壁や配管などに人が通れる穴を開けて、
脱走に成功したのです。


2人は6日朝の見回り点検でいなくなっていました。
刑務所では2時間ごとに見回りがあるのですが、

WS000052.JPG

丸めた衣類をベッド中に入れて、
寝ていると見せかけていたようです。

WS000036.JPG

WS000068.JPG

刑務所内で建設作業をしている 業者の電動ドリルを
何らかの方法で入手したのではないかと見られています。

WS000072.JPG


2人は5日夜から6日朝にかけて、鋼板や鋼管を切断し、
狭いトンネルや配管を伝い、

WS000071.JPG

錠を切断し、マンホールを開いて外部に出ました。

WS000046.JPG

パイプの穴の横には「良い一日を!」と書かれた紙まで張ってありました。
余裕の脱出?
実にバカされてますよね~。


ーーー <スポンサーリンク> ーーー




また、クオモ州知事は8日のテレビインタビューで、
刑務所内に協力者がいた可能性が高いとの見方を示しています。

WS000044.JPG

さらに、知事は、刑務官が脱獄を手助けしたとすれば
「ショックだ」とし、

契約業者などを疑っていると言っています。

WS000053.JPG

1845年の刑務所開設以来、
厳重警備区画から脱獄に成功した者はいません。



<脱獄の不思議???>

1.金属壁に電動ドリルって結構な音するんじゃないの ?
  なんで看守が気付かなかったのでしょう?
  看守もグル?

2.電動ドリルってコンセントは?
  充電できてたの?

3.電動ドリルってかなりの大きさがあるのに
  独房の出入りの時の点検や、部屋の中の点検は
  してなかったの?

4.アルカトラズからの脱出の手法は今でも通じるの?

WS000076.JPG


実に摩訶不思議な刑務所脱獄劇で、
現代の事件とはとても考えられないですが。

昭和レトロ時代にタイムスリップしたような
不思議な衝撃事件です。

厳重な警備体制といっても
「この程度~」と
あきれ返ってしまいますね。


2人は8日になっても見つかっていません。

州警察は2人の情報に最高で10万ドル、
日本円でおよそ1200万円の懸賞金をつけています。

さぞかし近隣の住民の方は不安でしょうね。
なにしろ殺人犯ですから~。

一刻も早い解決を望むばかりです。


ーーー <スポンサーリンク> ーーー

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

豪ドルでの取引のポイント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。